ウズベキスタン旅行: 基本情報

タシケント

タシュケントの古名をチャーチュ、チャーチュカンドとも言う、はチルチク川の形作るタシュケント・オアシスの主邑として、またカザフ草原・天山山脈北麓の遊牧地帯とトランスオクシアナのオアシス定住農耕地帯を中継する商業都市として古代から繁栄した。

中国との国際交易ではソグド人が中国地域で用いた一字姓では、チャーチュ出身者は「石」姓を名乗った。750年には唐の将軍が石国に侵攻したためにチャーチュはイスラム帝国に支援を求めた。その後、イスラム王朝と北方の遊牧民の支配を経て次第に都市住民のイスラム化・テュルク化が進展した。

1865年に帝政ロシア軍が夜間攻撃で侵攻、防御が堅固で激しい戦闘となったが制圧に成功、ロシアはタシュケントを直轄領に組み入れ、1867年、トルキスタン監督府が設置され、ロシアの中央アジア支配の拠点となった。

ロシア革命が起こると、トルキスタン自治ソビエト社会主義共和国の首都となり、再び中央アジアをめぐるロシアと英国が衝突し、英国のスパイの暗躍する町となった。1924年にはウズベク・ソビエト社会主義共和国に編入され、1930年、サマルカンドに代わって首都となった。

1966年大地震に見舞われ、78000棟の家屋が倒壊した。地震後、計画的な都市作りが行われたため非常にソ連的な町並みとなり、最盛期にはソ連で4番目の人口を誇る大都市に成長した。独立後も大きなロシア人社会を抱えているが、町並みからロシア色は消えつつあり、イスラム原理主義に移行しつつある。

サマルカンドは中央アジア、ウズベキスタンの古都。ステップ気候から地中海性気候へ移行部特有の抜けるような青空とモスクの色から「青の都」と呼ばれている。

旧市街、新市街、アフラーシャブの丘に分けられ、旧市街にはタジク系民族が多く住んでいる。
紀元前4世紀から注目され、サマルカンドという名前になる前はマラカンダという街で
ウズベキスタンの英雄アミール・ティムールによって、荘厳で美しく、中心的都市のサマルカンドに繁栄した。

ソグド人の町としていくつもの王朝の支配を受けながらも数世紀にわたって繁栄を続けてきたが、十字軍戦争の影響を受けてシリア経由路が閉鎖された結果、インドから黒海に至る交通路を占めたホラズム・シャー朝の首都として繁栄していたサマルカンドは1220年、モンゴルによって徹底的に破壊され、人口の3/4が殺されたという。その当時の旧サマルカンドは、ラフマト川の南、アフラースィアーブないしアフラーシャブの丘と呼ばれ、現在の市街地の北側にある。

後にティムール朝の王族たちの廟となったシャーヒ・ズィンダ廟はこのアフラーシャブの丘の東南遇に位置する。14世紀末から15世紀にはティムール帝国の首都として繁栄。市街地の内部にはティムールの墓廟であるグーリ・アミールやビビ・ハヌム・モスクなどが、アフラーシャブにはシャーヒ・ズインダ廟群が築かれ、郊外にはティムール朝の王族やアミール、廷臣らが大小さまざまな庭園や牧場、宿営地などを設けられた。ティムールの子、ウルグ・ベクの時代に天文台が築かれ、その当時の建物を含めて文化交差点として2001年にユネスコの世界文化遺産に登録された。

ティムール朝後期は諸王家がサマルカンドを巡って争奪を繰り返すようになり、後のムガル朝の始祖となったバーブルも故地のフェルガナから度々自ら遠征してこの争奪戦に加わり幾度か領有している。その後、1500年にシャイバーニー朝のムハンマド・シャイバーニー・ハンによるウズベク勢力に征服され、ティムール朝も滅ぼされた。その後はジャーン朝などテュルク系のウズベク人の国家ブハラ・ハン国に属し、首都の地位はブハラに奪われたが17世紀にはウルグ・ベクのマドラサと対になるシールダール・マドラサが追加されて現在のレギスタン広場が形成されるなど、中央アジアの主要都市のひとつとして機能した。

18世紀中頃からはウズベク諸政権内部の対立や周辺の諸部族の抗争、さらにイランからアフシャール朝のナーデル・シャーの侵攻を受けるなどしたため荒廃が激しくなった。19世紀にはブハラ・アミール国の発展によって復興されたが、アミール・ナスルッラーが没してブハラからの支配が弱まると、1868年にはロシア軍に占領され、ロシア領トルキスタンに編入された。サマルカンドはもともとブハラと同様イラン系である(ペルシア語を話す人たち)タジク人の多い都市であったが、ソビエト連邦時代の1924年、民族的境界画定によりウズベク・ソビエト社会主義共和国に区分され、1930年までその首都であった。

ブハラはザラフシャン川下流域に古代より栄えたオアシス都市で、1993年には、旧市街地が“ブハラ歴史地区”としてユネスコの世界文化遺産に登録された。都市名は、イスラム時代以降、アミール国期までこの地域の伝統的な書写言語であった近代ペルシャ語・チャガタイ語でブハーラーとは元来サンスクリット語(“僧院”の意)に由来すると考えられている。

イスラム時代以降、特にサーマーン朝の首都となってからもイラン・中央アジアにおける最も重要な都市のひとつであった。また近代20世紀の初頭までブハラ・アミール国(ブハラ・ハン国)の首都が置かれ、西トルキスタンにおける政治・文化の中心都市でもあった。特にサーマーン朝にはじまる近世ペルシア語文学の発信源としてこの都市が残した足跡は大きい。また、シャイバーニー朝やジャーン朝においてはブハラの宮廷でペルシア語に加え、チャガタイ語、文芸運動を隆盛させその中心都市としても発展した。このような歴史背景から、現在は住民の大多数が民族籍上ウズベク人とされているものの、住民の間ではペルシア語系のタジク語が広く話され、タジク人としての独自性を有する者も数多く存在する複雑な民族構成をもつ。

中央アジアの乾燥地帯の中に位置しながら水資源に恵まれたオアシスに位置するブハラに人々が集落を建築し始めたのはきわめて古く、考古学上の発見から紀元前5世紀には城壁を持つ要塞都市が成立していたことが明らかになっている。しかし8世紀初頭にはこの地方にイスラム帝国の勢力がおよぼし、ブハラは709年にウマイヤ朝のホラーサーン総督によって征服された。これ以後ブハラはイスラム教を奉ずる勢力の支配下に置かれ、次第にイスラム化が進む。

9世紀後半、土着のイラン系貴族が自立してサーマーン朝が成立し、ブハラは10世紀の末まで続いた王朝の首都となった。サーマーン朝の時代には東方の草原地帯からイスラム世界に向かって送り込まれるマムルーク(奴隷軍人)の交易が盛んに行われたことにより、マムルーク交易と結びついた商業都市として発展を遂げた。サーマーン朝時代に市域は大幅に拡張され、要塞と長大な市壁に囲まれた市街地、およびその周囲に発達した郊外地域からなる大都市となり、ブハラはサマルカンドにかわって中心都市に成長した。

また文化的には、サーマーン朝の君主の保護のもと、イスラムによるサーマーン朝の征服以来衰退していたペルシァ語による文化活動が興隆し、アラビア語の語彙を取り入れアラビア文字で表記するようになった。また君主の保護によってさまざまな施設が建設され、中でも第2代君主イスマイル・サマーニを葬ったイスマイル・サマーニ廟は現在までも残されており貴重な文化遺産になっている。

13世紀の前半にはモンゴルの征服を受け、市街が破壊されていったんは荒廃したが、その後モンゴル帝国支配下で徐々に人口が回復し、同世紀の後半までに都市は復興したが、15世紀のティムール朝まで政治的な中心はサマルカンドに奪われたこともあり、征服以前の繁栄には及ばなかった。16世紀後半に至り、ウズベク人のシャイバーン朝がブハラを実質上の首都と定めるとともに、ブハラは再び拡大に転じた。アブドゥッラーフ2世はブハラの再開発を推進し、王族、貴族によってモスク、マドラサ、公衆浴場、商店街が建設された。シャイバーン朝以来、アストラハン朝、マンギト朝とこの地方を支配した歴代の王朝はブハラを首都としたためこの政権はブハラ・ハン国(ブハラ・アミール国)と呼ばれている。ブハラ・ハン国の首都となったブハラは中央アジアにおけるイスラム教学の中心地としても重要な役割を果たし、「ブハーラーイ・シャリーフ(聖なるブハラ)」と呼ばれるようになった。そのためブハラは各地から多くのムスリムが巡礼者や修学のために訪れる宗教都市の性格も帯びた。

19世紀後半、ブハラは南下政策を推進するロシア帝国によって征服され、ブハラ・アミール国はロシアの保護国としてその植民地に組み込まれた。ロシア人たちはムスリムたちが住む旧市街を避け、その隣接地に新ブハラ(カガン)と呼ばれる近代都市を建設したため、ブハラは本来の都市構造と景観を維持できた。また、新ブハラを起点としてロシアの各地とブハラを結ぶ鉄道の敷設が進められ、ブハラはロシア帝国と緊密に結び付けられた。カガン駅は現在もブハラの鉄道の玄関口になっている。

ロシアの支配下に入っても、旧市街に住むアミール(君主)をはじめとする支配者たちは一定の権限を残されて温存され、またブハラ人社会の指導的な階層は伝統的なイスラム教育を受けた宗教指導者たちが占めていた。20世紀初頭になると、ロシア帝国内のムスリムの間で起こっていた教育の西洋化改革を訴える啓蒙活動の影響がヴォルガ・タタール人の手を経てブハラにまで及び、青年ブハラ人と呼ばれる若い知識人たちの活動が起こった。1910年代に入ると青年ブハラ人の運動は急進化し、アミール専制を批判し、国内改革を盛んに訴えた。

1917年ロシア革命の影響はブハラにも及び、1920年に赤軍の軍事介入でブハラ革命が成功、ブハラ・アミール国が滅んでブハラ人民ソビエト共和国が成立した。しかし旧支配層から国外の盆汎トルコ主義者まで巻き込んだ革命勢力に対する反抗や、ロシア共産党のソビエト政権による介入・粛清によって共和国の指導層は急速に瓦解した。最終的に1924年、ブハラ人民ソビエト共和国は解体され、民族の分布を基準とする境界線による新しい共和国が編成されることになった。

民族的境界策定にあたって旧来ブハラ・アミール国の領域に住んでいた住民は、テュルク語系のウズベク語を母語とする人々はウズベク人、ペルシア語系のタジク語を母語とする人々はタジク人とされたが、ブハラ市民の大多数はウズベク人と認定され、ブハラはウズベク・ソビエト社会主義共和国に編入された。しかし歴史的に中央アジアにおけるペルシャ語文学の中心都市であったブハラではタジク語が日常的に話される割合も大きく、民族境界画定の恣意性が指摘されることもある。

1991年ソビエト連邦が崩壊しウズベキスタン共和国が独立すると、ブハラは新しいウズベク独立国家の優れた文化遺産として再評価されるようになった。1993年のユネスコ世界文化遺産認定を経て、観光都市としてブハラの再開発が進んでいる。一方ソビエトの崩壊によってタジキスタンとの間の境界は永続的な独立主権国家間の国境となり、ブハラでは多くのタジク語を話す住民、タジク人住民が存在するという矛盾が固定化された。現在も、タジク人住民の中には、ウズベキスタンよりもむしろタジキスタン共和国への共感を抱く者もいる。

1993年 ブハラ歴史地区

夕焼けのカラーン・ミナレット カラーン・ミナレットからのミルアラブ・メドレセ アルク城

2001年 サマルカンド-文化交差路

グリ・アミール廟 金箔の天井 ティラカリ・メドレセ

 

ウズベキスタンの食べ物

ウズベキスタンで楽しめる様々な料理をご紹介!

シルクロードらしさが溢れるウズベク料理も多民族国家のウズベキスタンらしく、様々な国の料理も楽しめます。
日本人には比較的口に合いやすい料理が多いです。

ウズベク料理 -プロフ-
ウズベキスタンの代表的な伝統料理です。
プロフはメインディッシュとして出されます。
大きな鍋でお米、綿や羊の油、にんじん、たまねぎ、肉を入れてゆっくり炊き上げ、サフランで味付けします。
味付けは地方によっても家庭によっても全く異なります。
結婚式のプロフ、お葬式のプロフ、朝のプロフ、三時のプロフなど行事によっても様々な種類のプロフがあり、
行事に出されるプロフは味付けや加える具のきまりもあります。
ブハラのプロフ サマルカンドのプロフ 中央アジアプロフセンター
ウズベク料理 -ナン-
食事の際には、必ずナンが出されます。
円形の固めのパンです。
地方によってナンのスタイルが異なります。
ヒヴァのナンは薄くて花の模様が入り、サマルカンドのナンはウズベキスタンで一番美味しいと言われています。
花の模様が特徴、ホルズム地方のナン ブハラのナン 有名なサマルカンドのナン
ウズベク料理 -DISHES-
トルコや中国から伝わっていると思われるシルクロードを感じさせるような料理が多いです。
海がない内陸国なので、肉料理がメインです。
ウズベキスタンでは羊肉が多く使われます。
中に肉を入れ釜で焼き上げるサムサ ウズベク風ミートボールクフナとポテト 肉の串焼き、シャシリク
サラダはいつも何種類も並べられる 日本の蒸餃子に似たマントゥ ウズベキスタンの食卓にいつもならぶ定番

ショッピング

タキとは通りの交差点に作られたバザール、日本で言えばアーケード商店街と言ったところでしょうか。屋根は中央がドーム型になっていて、天窓があるため、内部は明るいです。
ブハラには3つのタキが並んで建ち、繋がっています。
マゴキ・アッタリ・モスクに近いのが、タキ・テルパクフルシャン。 お土産として気軽に買える陶器やバッグ、スザニの小物などがたくさん売られています。
通りには小さな商店が並んでいて、奥の大部屋には高級そうな絨毯屋さんがあり、商談用と思われるチャイハナのテーブルもあります。
ラビハウズから近い、一番南側はタキ・サラファン。こちらはタキの建物を出た場所にもお土産屋さんが並んでいます。ウズベキスタン名産のコウノトリ型のハサミ等も売られています。

 

ウズベキスタン基本情報

国名

ウズベキスタン共和国

人口

27,488,000人

面積

447,400km2

通貨

スム(UZS)

時差

+5

国際電話

998

宗教

イスラム教

大使館

在ウズベキスタン日本国大使館

Tel:998 71-120-80-60

Fax:998 71-120-80-77

www.uz.emb-japan.go.jp

歴史概略

1991年のソ連崩壊によってウズベク・ソビエト社会主義共和国はウズベキスタン共和国として独立し、同時にCIS(独立国家共同体)に加盟した。独立後は、現在に至るまでイスラム・カリモフ大統領が権力を集約し、ほぼ独裁政権となって統治している。

ウズベキスタンはユーラシア大陸の中央に位置しており、面積は44万7千平方kmである。国土の80パーセントはキジルクム砂漠で覆われており、非常に乾いた荒れ地が多く、まともに耕作できる地域は僅か10%ほどしかない。アラル海に接しているが、旧ソ連時代に行われた国土の風土に合わない無茶な綿花栽培のため、アラル海の面積は急激に縮小している。

観光都市

シルクロードの中心地、ユネスコ世界文化遺産の宝庫として、 青の街サマルカンドや茶色の町ブハラ、ヒヴァ、シャフリサーブス、仏教文化のテルメズなどが世界的に有名。ソ連からの独立後には歴史的遺構への訪問を目的とする各国からの観光客が急増し、それに伴い観光が外貨獲得源の1つとなった。これを受けて政府による観光客誘致が盛んに行われている。